シャンプーQ&A

シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの違い

シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーにはどちらにもメリットデメリットがあります。
一概にノンシリコンだから髪にいい!というのは少し違います。

この記事ではシリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの違いを紹介します。

シャンプーに入ってるシリコンは髪の表面にキューティクルをつけて髪全体をコーティングをする働きがあります。
髪の毛を洗っているときに指の通りがよくなったりツヤツヤしたりするのはこのシリコンのおかげです。

ではシリコンの何がいけないのでしょうか?
シリコンシャンプーは髪のコーティングとして残っているのでそれらが頭皮の毛穴の詰まりや汚れの原因になります。
そうすることで髪が詰まってしまいます。
これが原因で頭がかゆくなったら炎症を起こす人もいます。

そして何よりシリコン自体には髪の補修や保湿をする機能はありません。あくまでコーティングしているだけです。

シリコンシャンプー

・髪をコーティングしてツヤツヤ見せてくれる。
・指通りがいい
・髪に汚れがつきやすい
・頭皮の毛穴が詰まりやすくなる。
・髪を補修する機能や保湿する働きは無し

次にノンシリコンシャンプーですが、上記で説明したシリコンの働きはありません。
代用した別の成分などでツヤがでるようにしたり、少しでも指通りがいいようにはしますが、シリコンシャンプーほどでは無いでしょう。
さらに代用成分を入れることでコストアップもします。
ただ余計なコーティングをしていないので髪は汚れにくく、毛穴の詰まりも引き起こしません。
肌が弱い人や汚れが気になる人はノンシリコンの方がおすすめです。

ノンシリコンシャンプー

・シリコンシャンプーのメリットは無い
・肌が弱い人も使える

まとめ
このようにノンシリコンシャンプーとシリコンシャンプーともにメリットデメリットがあります。
自分の髪にあったシャンプーを選んでください。