シャンプーQ&A

普通のシャンプーと育毛シャンプーの違い

普段何気なく使っているシャンプー。

「ちょっと最近薄毛が気になりだした・・・。」
「なんとなく抜け毛が多くなってきてるかも?」

というきっかけで育毛シャンプーに変えるなんてこともあるかと思います。でも、普通のシャンプーと育毛シャンプーって何がどう違うのでしょうか?

単純に育毛シャンプーとして販売されているから、髪にいいんだろうとあいまいな状態で使用していませんか?

今回は、普通のシャンプーと育毛シャンプーの違いを徹底的に説明していきましょう。

普通のシャンプーと育毛シャンプーでは、目的が違う!

根本的な違いの部分ですね。髪に何の悩みもない人が使っている、一般的なシャンプーの場合、使用目的は「汚れを落とすこと」です。単純に日々の汚れを落として清潔に保つことを目的としています。

それに比べて育毛シャンプーの場合、使用目的は「頭皮環境を改善すること」です。汚れを落とすこととどう違うのか?と思われるかもしれませんが、まったく違います。

単純に汚れを落とすだけのシャンプーに比べて、育毛シャンプーは頭皮に負担をかけない洗浄成分で汚れを落としつつ、頭皮の状態を健康に保つために必要な栄養すら与えてくれるシャンプーです。

普通のシャンプーと育毛シャンプーでは配合されている成分が違う!

上記でも挙げましたが、まずは洗浄成分の違いです。

普通のシャンプーの場合、一般的には「界面活性剤」という強い洗浄成分が使用されています。アルコール系の洗浄剤が使用されている場合もあり、間違っても頭皮に優しいとはいえない洗浄成分です。必要な油分まで落としてしまい、髪がぱさついたり頭皮の乾燥などにつながる可能性があります。

育毛シャンプーの場合、多くが「アミノ酸」系の洗浄成分を使用しています。頭皮や髪への負担を最小限に抑え、なおかつ必要な皮脂は残してくれるなどいいことばかりです。そもそも髪の毛はたんぱく質などアミノ酸で構成されていますから、負担が少ないことは一目瞭然ですね。

普通のシャンプーには配合されない育毛成分が配合されているのが育毛シャンプー

一般的なシャンプーにも、中には髪にいいとされている成分が配合されています。しっとりとさせるための保湿成分だったり、髪を刺激から守る成分だったり。しかし、普通のシャンプーながら価格はぐっと高くなりますね。かといって効果が感じられるほどの配合量は期待できません。

育毛シャンプーには、髪というより頭皮によい成分が贅沢に配合されている商品が多くあります。

●薬用成分・・・センブリエキス、ニンジンエキス、酢酸トコフェロールなど
●有効成分・・・植物抽出エキス、漢方エキスなど
●保湿成分・・・ホホバオイル、オリーブオイルなど

こういった有効成分が惜しみなく配合されているんです。ちょっとお高い普通のシャンプーを使用するくらいなら、育毛シャンプーを使ったほうがよほど髪に与える影響はよいものになるでしょう。

ただ高いだけじゃない!育毛シャンプーは頭皮と髪を一番に考えたもの

普通のシャンプーと育毛シャンプーを大きく分けて比較してみました。いかがでしょうか?その違いは歴然ですね。

根本的な目的の違いはもちろんのこと、洗浄成分や配合されている成分に至るまで、育毛シャンプーは頭皮環境と髪のことを何より一番に考えて作られています。

また、普通のシャンプーにありがちな香料などの添加物に関しても、一切含まない無添加の商品が多いのも育毛シャンプーの特徴です。ただ洗って清潔にするだけでなく、環境を整えて豊かな髪へと導くためのサポートをしてくれるのが育毛シャンプーなんですね。

現在は普通のシャンプーであっても価格帯は幅広く、安いものから高いものまで様々です。いい香りだったりちょっとした使い心地の良さに惑わされることなく、頭皮によいシャンプーを選んで欲しいものです。