コラム

喫煙をすると薄毛になりやすい?

タバコを吸うとハゲる!喫煙者に薄毛が多い!

これって本当です。

男性や女性など、薄毛の原因はそれぞれ違いますが、共通していえる原因のひとつに「喫煙」が挙げられます。心当たりのある方も多いかと思います。

喫煙は、健康にも髪にも悪影響しか与えません

喫煙がどれほど健康に悪いかというのは、誰でもご存じかと思います。喫煙者ならタバコのパッケージにも表示されていますし、痛いほどわかってはいるのだと思います。

当然、健康への影響もさることながら髪への影響も計り知れません。どんなにヘアケアをしたとしても、手間もお金もかけて大事にしたとしても、たった1本の喫煙で頭皮ケアも髪も台無しになってしまうくらい悪影響があります。

喫煙は血行を悪くします

抜け毛を防ぐためなどによく言われますが、頭皮の血行は髪にとってかなり重要です。血行が悪くなれば、髪を作り出すための細胞に血液が届かず、深刻な栄養不足に陥りいます。

栄養や酸素が届かなければ細胞は育ちません。育つはずだった髪は成長を止め、途中で抜け落ちてしまいます。太くハリのあった髪も、徐々に痩せて細くなってしまいます。

タバコに含まれるニコチンには、末端から血行不良を引き起こします。頭部や手足といった末端が血行不良になることによって体温も低くなりがちです。日々の喫煙習慣は、常に血行不良と低体温を招く結果につながります。

喫煙は大切な栄養素を消費してしまう

細胞の新陳代謝に必要不可欠な成分のひとつに「ビタミンC」があげられます。当然、髪を生やし育てる細胞にもビタミンCは欠かせません。

しかし、喫煙によって大切なビタミンCが大量に消費されてしまいます。喫煙によって体内に入ってきた有害物質を排除するために欠かせないサポート成分がビタミンCなんですね。

1本のタバコで消費されるビタミンCの量は25mgといわれています。1日に推奨されているビタミンCの摂取量は、成人で100mgとされていますから、喫煙者は慢性的にビタミンC不足になっていると考えられます。

喫煙者の場合、たばこの有害物質の排除にばかり必要な栄養素を使い、髪など自分の細胞を若返らせたり成長させたりするために使えていないことになります。

喫煙により活性酸素を大量に発生させる

活性酸素といえば、老化に直結する原因のひとつです。当然、髪の老化にもつながります。

タバコ1本で発生する活性酸素の量は100兆ともいわれ、喫煙するたびに体の中か錆びて老化していくと思っていいでしょう。

髪を生み出し成長させる毛母細胞の働きすら、活性酸素の影響で鈍り、髪を生み出す力をなくしてしまう可能性があります。

喫煙で薄毛になるのは本当です

喫煙が与える髪への影響は十分理解いただけたかと思います。

まさかタバコが直接的に薄毛に関係していたなんて、思っていなかった人も多いと思います。本当にタバコは百害あって一利なしですね。

喫煙者の方で、最近髪が痩せてきたり薄毛が気になりだしてきたのであれば、まずは禁煙から始めてみてもいいですね。どんなに頭皮ケアをして育毛シャンプーや育毛剤を使ったとしても、タバコをやめない限り効果はないに等しいでしょう。